ゴールデンウィークのキャンプは寒いの暑いの?服装はどうする?

      2018/04/14

プードルのマチルダさん
ゴールデンウィークのキャンプってどんな洋服を用意すればいいのかしら?
うさぎのバディーさん
そうだね、季節の変わり目だからちょっと難しいね。快適に過ごせる服装を一緒に考えてみよう

 

ゴールデンウィークのキャンプはどんな服装をしていけばいいのでしょうか?5月といえば日によっては初夏の陽気。暑いのかまだ寒いのか今ひとつ中途半端で服装選びに困りますよね。

この記事では過去数回、我が家がゴールデンウィークに行ったキャンプの経験を踏まえてゴールデンウィークのキャンプの服装について考えていきたいと思います。



ゴールデンウィークの気候はどんな感じ?

これははっきりいって行かれるキャンプ場の場所によっても大きく変わってきます。例えば、低地のキャンプ場でしたら桜はすっかり散ってお天気の良い日中は半袖で過ごせるくらいの初夏の陽気の日もあるでしょう。

でもこれが山間部で標高の高いキャンプ場だと極端な話、同じゴールデンウィークであっても桜が満開のキャンプ場もあります。標高によってこれくらいの差がでることもありますので、まずご自分が行かれるキャンプ場地域の温度をチェックしておくことが大切です。

我が家が過去に行ったキャンプ場では?

我が家が過去ゴールデンウィークに行ったキャンプ場で例にあげてみてみましょう。

千葉の成田ゆめ牧場(標高35m)全日とも快晴

初キャンプで行った成田ゆめ牧場は千葉の内陸地なので日中は半袖で過ごせるような汗ばむ陽気でした。ただ日が沈むと急激に温度がさがり、外ではフリースや少し厚めのジャケットを羽織、防寒できるほど立派な寝袋を持っていなかったのでホットカーペットを使った記憶があります。

北軽井沢スイートグラス(標高1150m)曇り時々雪

GWには珍しいような寒さだったようですが初日は曇りで時々雪がちらつくようなお天気だったのでとにかく寒かったです。テント内でレインボーストーブをつけても2度。外は日中でも氷点下になる時間も。真冬のダウンジャケットで完全防備でした。もちろん寝る時はホットカーペット使用です。

そうそう桜が満開でしたよ。標高が高いので3週間ほど季節がずれている感じでした。

赤城山オートキャンプ場(標高650m)全日とも快晴

さすがに標高もあるていどあり、林間サイトだったので汗ばむほど暑くはありませんでしたが、子供たちは薄手の長袖で日中遊べるくらいです。夜間はやはり冷え込むので薄手のダウンジャケットとホットカーペットで就寝しました。

標高とお天気によって温度はかなり左右されることがわかりますね。

ゴールデンウィークは日中と夜の気温差に注意

以上のことからもわかるようにゴールデンウィークは晴れてさえいれば、標高の低い場所では初夏の陽気になることもあります。ただ夜間は冷え込むので日中と夜の気温差に注意してある程度の防寒対策が必要です。

標高が高い山間部はゴールデンウィークといえど3月末から4月の初旬くらいのつもりで服装は考えた方がいいと思います。5月といえどお天気が悪いと急激に寒くなって場所によっては雪が降ることもあるようなので防寒対策はしっかりしていきましょう。

ゴールデンウィーク服装のまとめ

低地では日中は薄手のシャツにウインドブレーカーなど薄手のはおりもの。夜間気温が下がってから羽織れる少し厚めのフリースやジャケットがあるといいです。

標高の高い山間部はまだ冬くらいのつもりでダウンジャケットなど厚手のコートは持っていたほうがいいですね。特に天気が崩れる予報が出ている場合など、急激に気温が下がる場合もあるので防寒対策をしっかりしていきましょう。

我が家のこどもたちが愛用しているオススメは

モンベルのシャーミスジャケットは薄手なのに暖かく動きやすい

 

モンベルの薄手のフリースジャケットです。軽くて動きやすいので子どもが好んで着ています。真冬向きというよりは春秋の肌寒いときに着せています。夜の冷え込みはこれだけだとちょっと足りないかもしれません。

このジャケットタイプやプールオーバータイプもあります。

モンベルはお手頃価格で機能的にも優秀なので我が家では子どもによく着せています。カラーバリエーションも豊富です。

ただ大柄の男性だとサイズがあまりないんですよね。そこが残念。

 

モンベルのWIC.Tはとにかく速乾性が素晴らしい

このモンベルのWIC.Tさらさらとした手触りでとにかく速乾性が素晴らしいです。我が家はキャンプでは虫刺されが嫌なのであまり半袖は着せないのですが、先ほどのシャーミスジャケットの下に着せたりして温度調整することもあります。

そしてなんといってもデザインがかわいいんですよね。今年はティッピ柄も発売されています。

 

 

 

クロックスのライツシリーズは暗闇で光るのでキャンプ場で便利

 

クロックスのライツシリーズは歩く振動でLEDが光るのでキャンプにぴったり。キャラクターシリーズもたくさん発売されています。我が家の息子はスターウォーズ、そしてなぜかダークサイド好きなのでダースベーターのクロックスを愛用しています。
もちろん女の子用のライツシリーズもたくさん発売されていますよ。とっても可愛らしいのでぜひチェックしてみてください。




私のお気に入りはこれ

紫外線が気になり始めたらユニクロのエアリズムUVカットメッシュパーカ

 

出典:ユニクロ

 

おそらく4・5着は持っていると思われるこのエアリズムのメッシュパーカー。さらっとした着心地で日差しが強くなると手放せません。結構ぴったりとした作りなので、少しゆったりと着られたいなら1つ大きめのサイズがおすすめです。

気になっているサイトはここ



ちょっとかわった柄のパタゴニアのキッズ用フリース。アウトレット価格なのでそれほど高くありません。



大人用の衣類もアウトレットコーナーで扱っています。サイズがあったらラッキーかも。


パタゴニアなどのアウドトアメーカーの衣類をアウトレット価格で扱うコーナーがあります。膨大な数の商品数なので見ているだけで楽しいですよ。

世界最大級のスポーツ専門オンラインショップ!【TradeInn】のサイトはこちらから

その他持って行った方がいい小物類

紫外線だけでなく熱中症予防にもなる帽子を忘れずに

5月の日中となると紫外線量はもうかなりのものです。熱中症予防もかねて帽子はきちんと被りましょう。

目からの紫外線にはUV加工されたサングラスが効果的

目からの紫外線も長時間は気をつけなければいけません。サングラスで目の保護も忘れずに。

 草原サイトは防水加工された靴が便利

草原サイトは広々として気持ちが良いのですが、夜露が降りることが結構あります。そうなると布製の靴はびしょびしょ。濡れた靴で過ごすのは気持ち悪いですよね。草原や芝サイトに行く場合は防水性のあるシューズ、または普段履いている物でも構わないので、子どもは長靴も念のためあると安心ですね。

 

 脱ぎ履きしやすいサンダルはあると便利

きちんとしたシューズは走ったりジャンプしたりと安心すが、テントからの出入りで頻繁に脱ぎ履きするには少し不便です。そんな時のためにクロックスタイプのサンダルはとても便利です。

 特に子供は多めに着替えを持っていく

子どもたちはたくさん遊ぶと洋服がすぐに汗でびちょびちょドロドロに…

洗濯機が設置されているキャンプ場もありますが、すぐに着替えさせたいですよね。洋服は替えを多めにもっていくことをおすすめします。

この写真は我が家の失敗例。運動靴のまま何も考えずに水遊びした子どもたち。なんと予備の靴を忘れてしまったのです。たまたま車に入っていた学校用のスリッパと上履きで靴が乾くまで過ごすはめに。

こんなことにならないように靴の予備もお忘れなく

まとめ

ゴールデンウイークのキャンプはとにかく日中と夜の気温差に気をつけなければいけません。気温が下がってから体を暖められるジャケットなどを持っていくようにしてください。

標高が高い場所はゴールデンウィークといえど真冬のような気温になる可能性もあるのでいざという時のための防寒対策をしっかりしていきましょう。




最後まで読んでいただいてありがとうございます。もしこの記事を「いいな」と感じていただけましたら、下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

 - キャンプノウハウ, キャンプ初心者, キャンプ道具