夏でも涼しいキャンプ場だってある!我が家が実際に行った関東からいける8選

      2018/06/19

真夏のキャンプは暑そうだからちょっと…という話を時々聞きます。確かに夏は暑いですが、暑い時に暑いキャンプ場に行く必要はないんです。そう、世の中には避暑地に勝る素敵なキャンプ場がたくさんあるんですよ。

今回はそんな暑い時期だからこそおすすめしたいキャンプ場をご紹介していきます。

Sponsored Link


真夏のキャンプ行くのを躊躇してしまう理由はずばりこれですよね?

夜も眠れないほどの暑さ

真夏は夏休みといった絶好の長期休暇があるにもかかわらず、あまりに暑いとクーラーがないキャンプは躊躇してしまいますよね。

特に風通しの悪いテントの中で夜も眠れないほどの蒸し暑さ。わざわざキャンプに行く気にもなりませんよね。

夏だけにウジャウジャいそうな虫

 

家のまわりを短時間歩くだけで刺される蚊。本当にイライラします。これがアウトドアで長時間外にいるとなると、どれだけ蚊に刺されるのか考えてしまいませんか?

 

快適なキャンプ場を探す方法はたったこれだけ

標高の高さは重要

一番大きなポイントは標高の高さです。秋冬は寒過ぎる標高の高い場所は、真夏は涼しくて快適に過ごすことができます。一般的に標高が100m高くなることで温度は0.6度下がるそうです。また標高が高い場所はそれほど湿度が高くないようなので、さらに体感温度は低くなります。

キャンプ場の地形も考慮する

標高がそれほど高くなくても風が常に吹き抜けるような場所や川の近くのキャンプ場は過ごしやすいようです。私たちが去年の夏に行った長野のキャンプ場は浅い川べりにありました。日中確かに温度は高くなりますが、川の水が冷たいので熱くなると火照った体を川で冷やすといった過ごし方でかなり快適に過ごせましたよ。

ポイントさえ押さえれば快適なキャンプも夢じゃない

真夏のキャンプ、涼しいクーラーの部屋から出かける気には到底なりませんが、ポイントさえ押さえれば快適な爽やかキャンプも夢ではありません。蒸し暑い日常から爽やかなキャンプに出掛けてみませんか?

我が家が実際に行った夏でも涼しいおすすめのキャンプ場8選

 

1.標高なんと1500mの天界に登ってきた気分になれる『丸沼高原キャンプ場』

スキー場として冬に使用しているゲレンデを夏にキャンプ場として開放しています。洗面所など冬はスキー場で使っているものなので、きちんとした建物内にあり清潔です。

標高の高さからここは下界が猛暑でも別世界の涼しさです。アスレチックやサマーリュージュなど子どもが喜びそうなアクティビティもたくさんありファミリーにおすすめです。また星空の美しさも格別ですよ。

  • 住所:〒378-0414 群馬県利根郡片品村東小川4658-58
  • 標高:1500m

2.涼しい高原の風が吹き抜ける神秘な『戸隠キャンプ場』

長野市が運営するキャンプ場ですが設備も比較的整っています。場内はフリーサイトと区画サイトにわかれていて広々としています。標高が高い高原に位置するのでも日中も清々しく夜間は肌寒いくらいです。牧場が隣接しているので、小動物と遊んだり、場内を流れる小川で水遊びもできますよ。

  • 住所:〒381-4101 長野県長野市戸隠3694
  • 標高:1200m

戸隠といえば神秘的な戸隠神社や戸隠そばや。忍者村も車ですぐの場所にあり、食にアクティビティーと色々楽しめるのも特徴です。毎夏一週間滞在する人もいるようですよ。

3.避暑地といえばここ軽井沢 超有名な『北軽井沢スイートグラス』も一度はいって欲しい

浅間山のふもとにある『北軽井沢スイートグラス』。一度は耳にされたことがあるのではないでしょうか?

北軽井沢の広大な敷地にはツリーハウスやトランポリンサイトなど工夫をこらした楽しいサイトがたくさんあります。真夏の日中はさすがに暑いようですが、林間サイトは涼しそうです。

キャンプ=不便といった概念を覆すような素敵なキャンプ場なのでぜひ体験していただきたいです。

  • 住所:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-579
  • 標高:1150m

4.『軽井沢キャンプクレスト』夏は林間サイトがおすすめ

990mとここで紹介するキャンプ場の中では標高が若干低めですが、それでもほぼ1000m。朝晩は快適に過ごせます。芝生が美しいことで有名なキャンプ場ですが、夏は木陰が多い林間サイトがおすすめだそうですよ。

  • 住所:〒377-1411 群馬県吾妻郡長野原町応桑1544-139
  • 標高:990m

Sponsored Link


5.山梨県の避暑地は清里高原『清里 丘の公園オートキャンプ場』

清里といえば軽井沢と同じくらい有名な避暑地ですね。その清里にある『清里 丘の公園オートキャンプ場』も夏におすすめのキャンプ場です。特にこのキャンプ場は標高の高さだけではなく、写真のように背の高い樹木が生い茂っているので日差しを遮ってくれます。

ただし木が多いので虫も多め。虫があまり気にならない涼しいキャンプ場を探されているかたにおすすめです。

  • 住所:〒407−0301 山梨県北杜市高根町清里3545−5
  • 標高:1100m

もちろん清里なので観光できるおしゃれな場所もたくさんありますよ。

6.ひまわり畑のすぐ近く『きゃんぴか明野ふれあいの里』

出典:きゃんぴか明野

 

山梨県でもう一つご紹介したいのがこの『きゃんぴか明野ふれあいの里』。爽やかな高原の上にあります。昔ながらのキャンプ場なのでサイトはそれほど広くありませんが、さすがPICAグループなだけはあって設備はさすがの高規格です。

私たちが行ったのは7月終わり頃、標高1000mといっても日よけのタープから出ると日中はさすがに暑かったです。まわりのサイトの人たちは車で近くに川遊びに行っていましたよ。もちろん夕方以降はぐっと気温が下がり肌寒いくらいで、快適に寝れました。

  • 住所:〒408-0201 山梨県北杜市明野町浅尾5260-5
  • 標高:1000m

7.安曇野の『憩いの森オートキャンプ場』

わさび農園が有名な安曇野ですが他にもたくさん見所があって楽しい場所です。このキャンプ場は安曇野の中心街に車ですぐに行ける立地の良さ。標高はそれほど高くありませんが、渓谷が下を流れているのと林間サイトだからか過ごしやすい気温でした。

近くに渓谷もあるので川遊びも楽しそうです。ただし野生動物もいるのでゴミの置く場所には注意が必要です。

住所:長野県安曇野市堀金烏川11−1

標高:800m

安曇野のおすすめ周辺情報もあわせてチェックしてみてください

8.一生に一度は見ておきたいブルーの渓谷『阿寺渓谷キャンプ場』

阿寺ブルーという名がつくほどの美しい渓谷にある『阿寺渓谷キャンプ場』も夏におすすめです。キャンプ場のすぐ横を流れる川の冷たいこと。かなりの猛暑でもここなら快適に過ごせそうです。

ただしこのキャンプ場電気が通っていない・携帯も圏外になるほどの山奥にあります。

  • 住所:長野県木曽郡大桑村野尻阿寺国有林内
  • 標高:700m

まとめ

いかがでしたか?夏でも涼しく過ごせそうなキャンプ場がたくさんあることがわかりましたね。夏休みはちょっと遠いキャンプ場に足を伸ばしたり、少し多めに滞在したりといつもと違う少し贅沢なキャンプをできる期間でもあります。

この記事がみなさまの快適な真夏のキャンプの参考になれば幸いです。

Sponsored Link


最後まで読んでいただいてありがとうございます。もしこの記事を「いいな」と感じていただけましたら、下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

 - キャンプ場周辺情報, キャンプ場紹介