キャンプでの洗い物。水だけですっきり洗うにはこの一手間が大切

      2018/09/06

プードルのマチルダさん
水しか出ないキャンプ場だと洗い物に困るのよね〜。洗っても洗っても油のギトギトが取れなくて。 
うさぎのバディーさん
それなら、洗う前にちょっと一手間かけることで随分楽チンになるよ。そのコツを今日は教えてあげよう。 

今年の我が家のキャンプはいつも行く高規格なキャンプ場だけでなく、こじんまりとした自然味溢れる場所も結構行きました。そこで気がついたのですが、お湯が出ないキャンプ場って結構あるんですよね。むしろ出ない方が多いのかも。

そしてお水だけの洗い物に結構苦戦しました。油汚れが落ちない。。。

そこで水だけでも油汚れをすっきりと落とす方法をいろいろ調べてみました。今回ここではキャンプでの洗い物を少しでも楽にするちょっとしたアイディアをご紹介していきます。

Sponsored Link





キャンプの食事は油モノが多い

キャンプといえば肉料理ですよね。

洗い物は必然とギトギト油の食器、鍋や調理器具になります。冷たい水だけで食器を洗わなければいけないとき、ギトギトの油汚れに苦戦している人も多いのではないでしょうか?

自然素材の洗剤利用のみ利用できる場所も

しかも下水施設の問題でキャンプ場は中性洗剤の使用を禁止している場所も結構あります。

自然素材の洗剤は泡立ちが悪かったり、やはり中性洗剤に比べると油落ちが悪かったりするんですよね。

洗い物前のこの一手間が大切

食べ終わった食器に、ちょっと一手間かけることでその後の洗い物が随分と楽になりますよ。

食べ終わった食器は汚れ度合いで分別して重ねる

食べ終わった食器は炊事場に持って行くために重ねておくと思いますが、ここも大切。例えばギトギト油で汚れた鍋の中に、あまり汚れていない食器を重ねていくと、油がうつって洗い物が余計大変になります。

重ねていくときも、汚れているものと、比較的汚れていないものを分別しておくことも洗い物を簡単に済ませるポイントです。

食べ残しはそぎ取る

時々炊事場のシンクの中にすごい量の食べ残しを捨てて行く人がいますが、これは洗い物的にもマナー的にもNG。

例えばカレー、鍋にカレーがべっとりついた状態から洗うのは、スポンジにもベタベタつくし、かなり大変ですよね。鍋についた食べ残しは削ぎ取って、生ゴミとして捨てましょう。これだけでもかなり作業の軽減になります。

そこでおすすめなのが、キッチン用のスクレーパー。柔らかいヘラのような道具なので、鍋の中やお皿の汚れを簡単に落とせます。

 

使い方はとっても簡単です。ヘラの部分を平らな部分に当てて、汚れや食べかすをかき集めます。

出典:amazon

 

これなら、あらかじめ汚れを落としておけるので洗い物の時間が短縮できます。キャンプの食器洗いセットの中に一つ入れておくことをおすすめします。

油汚れは拭き取る

これはもうご存知の方も多いと思いますが、汚れをキッチンペーパーやいらない布などであらかじめ拭き取っておくのも効果的です。

あまりにも汚れがひどい時は、先ほどご紹介したクレーパーでまず削ぎ落としてから、残った汚れを拭き取ってみてください。おすすめの方法です。

 

洗う方法は?

洗う順番に気をつける

洗う順番も大切ですよ。例えば最初に油がたくさんついている鍋を洗ってから、汚れの少ない食器を洗うとします。シンクやスポンジも油だらけになってしまうので、汚れの少なかった食器まで、洗う前より油がついてしまうことも。

順番は汚れの少ないものから洗っていきましょう。

お湯につけおきする

油は冷たいと固まる性質があります。キャンプの夜は寒いので油汚れが白く固まってしまうこともありますよね。こうなると、さらにベタベタできれいにするのが大変。

鍋なら、水を張って少し沸かしてお湯にすると油がとけて洗いやすくなりますよ。

こんなアイテムを使う方法も

重曹を上手に活用する

 

重曹も油汚れを落とすのに便利に使えます。そのまま油汚れにふりかける方法もありますが、おすすめは水に少量入れ、溶け込んだところで、食器類をつけこむ方法です。油汚れが中和され、簡単にきれいにすることができます。

この重曹なら食品としても使えるものなので環境にも人にも優しいのでおすすめです。

 

Sponsored Link





ソロキャンプならアルコールティッシュも便利

 

ソロキャンプのように使用する食器が少ない場合は、アルコールティッシュでさっと拭き取ってからさっと洗い流すという方法もあります。

油がつきにくい食器を使うのも一つの手

プラスティックは油と仲良し

プラスティックの原料は油です。同じ仲間同士はくっつきやすい性質があるため、プラスティクの食器は油と仲良しです。一度表面についてしまうと、なかなかヌルヌルがとれないのはこれが原因。

油よごれで苦戦しているならキャンプ用の食器はプラスティック以外がおすすめです。

でも子どもがいて、軽さや丈夫さを求めるなら、同じ樹脂性でも比較的汚れがおちやすい、メラミン樹脂性の食器がいいですよ。

あわせて買いたい

お皿のつけおきなら折りたたみ可能なタブが大活躍

 

キャンプ用の洗い桶なら折りたためるこのタイプがおすすめです。我が家はバケツや、ザル、キッチ用のボールもこのタイプにしています。簡単い折りたためて、場所を取らないので荷物の多いキャンプでは重宝しています。

揚げ物の残り油はこれで処理

 

揚げ物した後の残り油をキッチンペーパーで拭き取るのは枚数もいるし結構大変です。そんなときはこの吸い取るパッドがおすすめですよ。

ゴム手袋は絶対あると便利

キャンプ場での冷たい水で長時間洗い物をするのは本当に辛いですよね。少し厚めで裏起毛のあるゴム手袋ならそんな辛さを感じません。油も手にギトギトつかないので楽チンです。

100円ショップのものでもいいですが、厚めか裏起毛がおすすめです。

このマリーゴールド私も使っています。裏起毛ではありませんがゴムが厚くてしっかりしているので水の冷たさをあまり感じなくていいです。

まとめ

水しか出ないキャンプ場でも洗う前の一手間で油汚れの手間がかなり軽減できそうです。ポイントは、洗う前に食べ残しや汚れを取り除いて、可能な限り拭き取っておくこと。こうすれば、家に帰ってから洗い直す手間も省けそうです。

 

Sponsored Link





最後まで読んでいただいてありがとうございます。もしこの記事を「いいな」と感じていただけましたら、下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

 - アウトドアを楽しむママ応援, キャンプノウハウ, キャンプ初心者, キャンプ道具