キャンプの調味料入れはこれがおすすめ。持ち運びにも便利

      2017/11/30

我が家はこれ

バスケットに収納

我が家は以前『3COINS』で1000円で購入したバスケットに100均のプラスチックの箱を下に入れてこんな感じで使っています。ただ、このバスケット残念ながら3COINSでは今は扱っていないようです。




調味料の種類はこんな感じ

調味料は塩、胡椒、醤油、サラダ油の他にこんなものも入れています。

BBQ用には、ゆず胡椒、わさび。トマト系の料理をつくったときに使う粉チーズ。スープ用のキューブタイプのコンソメ。朝ごはんでホットケーキやパンに塗る蜂蜜や、シナモンシュガーなどを入れています。

 

調味料類は100均がおすすめです。スーパーに置いてあるような一般的なメーカーの品物がミニチュアバージョンで販売されています。別容器に入れ直す必要がなく、そのままバスケットに入れられるので重宝していますよ。

粉類は小分けして

スープにとろみをつけるための片栗粉や小麦粉は、そのまま持っていくとかさばるので、きっちりしまるジップロックや、小さなタッパーに小分けして持って行きます。

 

どんな調味料入れがキャンプ場で便利?

一箇所に収納しておけるもの

調味料入れを選ぶうえで私がポイントにした点です。まずは全ての調味料が一箇所に入れられる。つまり十分な容量があること。

持ち運びやすいもの

やはりアウトドアなので、蓋がついていると調味料入れの中がいつも清潔に保てます。そして持ち運べる取っ手がついているとベストです。

結構BBQやら朝食やらで調味料を使うのでサイト内で移動させるんですよね。

調味料が一目でわかる

そして一番大切なことが調味料が一目でわかって取り出しやすいことです。

我が家の調味料入れは開けるとこんな感じ。上からどの調味料かすぐわかるので使いやすいです。

どんな収納ボックスが使える?

キャンプ用のスパイスボックスを購入する

まずはアウトドア用の調味料入れがスパイスボックスとして販売されています。布製のものから木製のものまでいろいろありますよ。

アウトドア用としてデザインされているので、丈夫で扱いやすい。既製品を購入してしまうのも一つの選択肢です。

自作する

いろいろなブログをみていると、素晴らしい木製のスパイスボックスを自作している方も結構います。ある程度の知識と技術が必要そうですが、素敵です。うちのパパも作ってくれたらいいのに。

100均で購入

おなじみの100均のボックスやケースも調味料入れとして使えるものがたくさんありそうです。たとえば、100均でよく見かける小さなバスケットは蓋はついていませんが、調味料いれにぴったりです。

またプラスチックのケースは深さがあえば便利な調味料入れになります。




おすすめ調味料入れ

安心のコールマンのスパイスボックス

 

中に仕切りがついているので調味料のボトルを整理しやすそうです。また仕切りはマジックテープで固定されているので、調味料の大きさによってスペースを調整することができます。

  • サイズ:18×14×高さ21cm
  • 重さ:約250g
  • 素材:ポリエステル、ポリエチレン

 

木製をお探しならおしゃれなヒノキのスパイスボックス

木製ならこんなボックスも。ヒノキでできているので使っているうちに傷や汚れもついていきますが、それも味になりそうです。一番上にはロール型のキッチンペーパーをセットできます。

  • サイズ:高さ30.5cm x 幅26.5cm x 奥行14cm
  • 重さ:580g
  • 素材:土佐ひのき

ソロキャンプならコンパクトにスタックできるこれ

ソロキャンプで調味料にこだわりたいならこれがおすすめです。ケースが4つに醤油や油などの液体が入れられるボトルが3本、そしてそれぞれにポーチがついています。容量もボトルが100mlとコンパクト。これならかさばらずに、いろいろな調味料を持っていけますね。

ナチュラル派にはバスケットがおすすめ

 

ナチュラル派にはサイトにも自然に溶け込むバスケットがおすすめです。お手入れしやすいように、なかにプラスティックのケースを入れたり、ビニールを敷いておくといいですよ。

一生物のステンレスの収納ケースも

 

お値段は少し張りますが、ステンレスの収納ケースもあります。コールマンのスチールベルトをお持ちならこの収納ケースと相性が良さそうです。

  • サイズ:24cm×13cm ×高さ15cm
  • 重さ:1.3kg
  • 素材:ステンレススチール

まとめ

たかが調味料入れですが、細かいものなので一箇所にまとめられていると、キャンプ中すぐに使えてとても便利です。次のキャンプのときも、このまま持っていけばいいですしね。

ただ、調味料も長く入れっぱなしにすると劣化したり痛むので、必ずキャンプ前に中身をチェックすることをおすすめします。




最後まで読んでいただいてありがとうございます。もしこの記事を「いいな」と感じていただけましたら、下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

 - キャンプノウハウ, キャンプ道具