今年の夏のブヨ対策はこれ!虫除けの手作り方法も

   

夏のキャンプの悩みどころ

キャンパーには厄介な虫

引用:wiki

ブヨ、地域によってはブユとも呼ばれているようです。家バエの1/4、3~5mmほどの大きさで、コバエのように見えます。清流で産卵繁殖するので、川の近くで刺されやすいと言われていますが、川が近くになくてもキャンプ場があるような山林、高原どこでも見かけます。我が家は過去、キャンプアンドキャビンズ(場内に川なし)、戸隠キャンプ場の小川から離れた場所で刺されました。

刺されやすい箇所は?

経験からすると足元を刺されることが多いです。もちろん、その他の場所も刺されるでしょうが、コバエサイズの虫が身体についていたら目の届く範囲なら気が付いて簡単に追い払えますものね。

刺されやすい時間帯があるらしい

ブヨは気温が低い時間帯に活動するのを好むようで、午前中や夕方が刺されやすいようです。ちなみに私は午前中、朝食の支度をするのにサンダルでウロウロしていてくるぶし辺りをさされました。旦那も同じく午前中涼しい時間にキャンピングチェアでリラックスしているときにふくらはぎの後ろを何カ所かやられました。

刺されたらどうなる?

正確にはブヨは蚊と違って刺すのではなく、皮膚を嚙みちぎって吸血します。ただ、噛みちぎるときに麻酔成分を注入するようで、全く吸血されていることに気が付きません。刺された直後は皮膚に赤い点が数か所。そのうちみるみる腫れてきて猛烈な痒みに襲われます。

私の場合は、かゆいと思ったときにはすでに足がパンパンに腫れていて、サンダルがすぐに履けなくなり、歩くのも痛くて大変でした。

対処方法は?

まず刺されないようにすることが一番です。できることはブヨがよく出没するような場所、時間帯は基本長袖、長ズボン。虫が好む暗い色の服を着ない。虫除けをこまめに使いましょう。

特に効き目があると言われているのが

蚊用に使っている虫除け類は残念ながらブヨにはあまり効き目がないというのをよく聞きます。では打つ手なし?諦めなくても大丈夫です。厄介なブヨにも嫌いなものがあります。それが『ハッカ(ミント)』の香りです。ハッカ油が含まれた虫除けを購入する、または自分で簡単に作って対策できますよ。



ブヨを寄せ付けない虫除けの手作り方法

材料

基本の材料はエタノール、ハッカ油、精製水、の四つです。(出来上がり約100ml)

無水エタノール:10ml

 ハッカ油:20滴ほど

精製水:90ml

シトロネラ

ベルガモット

材料は一度買ってしまえば繰り返し大量に作れるのでおすすめです。

作り方

  1. スプレー容器に無水エタノールを10ml入れる
  2. 1.の無水エタノールにハッカ油とその他オイルを入れてよく振る。これはオイル類を混ざりやすくするためにアルコール純度が高いエタノールと最初に合わせます。
  3. よく混ざったら精製水90mlを入れて同じように振って混ぜ合わせたら完成です。

使い方

使い方は市販されている虫除けと一緒で、刺されたくない場所にスプレーするだけです。ただし、このスプレーが効果を発揮するポイントはハッカの香りです。手作りのものは香りが結構早く飛んでしまうので、30分に一度くらいの頻度で小まめにつけ直すことをおすすめします。

ハッカ油が含まれる虫除け

虫除けに入っているディートって大丈夫?

最近、虫除けにも普通に入っている成分「ディートの健康への影響」についてよく耳にします。年齢によって下のような使用制限もあり、これはちょっと心配ですよね。

  • 6ヶ月未満の赤ちゃん:使用禁止
  • 6ヶ月から2歳未満の幼児:1日1回の使用に抑える
  • 2歳から12歳未満の子ども:1日1回-3回の使用に抑える

子どもにはナチュラル系の虫よけを

やはり子どもにはディートが含まれていないナチュラル系の虫除けを使いたいですね。ここではハッカ油が含まれている自然素材の虫よけを紹介していきます。ただし、市販されているものは下のハッカ油そのもののスプレー以外はハッカ成分が薄く、ブヨに対して強力な効果があるとは限りません。

キャンプでのおすすめは市販されている虫除け+手作り品のダブル使用。ブヨ+蚊を一気に寄せ付けないという方法です。理由は手作りスプレーはブヨには効く気がするのですが、自宅マンションにいると外に出ると蚊には刺されるんですよね。

蚊とブヨの嫌いな香りの比重が違うのでしょうか?

ハッカ油がそのままスプレーになっている

最後まで読んでいただいてありがとうございます。もしこの記事を「いいな」と感じていただけましたら、下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

 - キャンプノウハウ