真夏におすすめ、快適に過ごせるキャンプ場

      2017/09/03

真夏のキャンプ行くのを躊躇してしまう理由は…

夜も眠れないほどの蒸し暑さ

真夏は夏休みといった絶好の長期休暇があるにもかかわらず、あまりの暑さにクーラーがないキャンプは躊躇してしまいます。特に風通しの悪いテントの中で夜も眠れないほどの蒸し暑さ。わざわざキャンプに行く気にもなりませんよね。

ウジャウジャいそうな虫

家のまわりを短時間歩くだけで刺される蚊。本当にイライラします。これがアウトドアで長時間外にいるとなると、どれだけ蚊に刺されるのか考えてしまいませんか?

快適なキャンプ場を探す方法はこれ

ポイントさえ押さえれば快適なキャンプも夢じゃない

真夏のキャンプ、涼しいクーラーの部屋から出かける気には到底なりませんが、ポイントさえ押さえれば快適な爽やかキャンプも夢ではありません。蒸し暑い日常から爽やかなキャンプに出掛けてみませんか?

標高の高さは重要

一番大きなポイントは標高の高さです。秋冬は寒過ぎる標高の高い場所は、真夏は涼しくて快適に過ごすことができます。一般的に標高が100m高くなることで温度は0.6度下がるそうです。また標高が高い場所はそれほど湿度が高くないようなので、さらに体感温度は低くなります。

キャンプ場の地形も考慮する

標高が高くなくても風が常に吹き抜けるような場所や川の近くのキャンプ場は過ごしやすいようです。私たちが去年の夏に行った長野のキャンプ場は浅い川べりにありました。日中確かに温度は高くなりますが、川の水が冷たいので熱くなると火照った体を川で冷やすといった過ごし方でかなり快適に過ごせましたよ。

実際に行った涼めるキャンプ場はここ

戸隠キャンプ場

長野市が運営するキャンプ場ですが、場内も広々としていて設備も比較的整っています。標高も高いので日中も清々しく夜間は肌寒いくらいです。牧場が隣接しているので、小動物と遊んだり、場内を流れる比較的浅い冷たい川で水遊びもできますよ。

住所:〒381-4101 長野県長野市戸隠3694

標高:1200m

丸沼高原キャンプ場

スキー場として冬に使用しているゲレンデを夏にキャンプ場として開放しています。標高の高さから下界とは別世界の涼しさです。アスレチックやサマーリュージュなど子どもが喜びそうな物もたくさんあり、星空の美しさも格別です。

住所:〒378-0414
群馬県利根郡片品村東小川4658-58

標高:1500m

北軽井沢スウィートグラス

浅間山のふもとにあるこのキャンプ場も有名ですね。北軽井沢の広大な敷地にはツリーハウスやトランポリンサイトなど工夫をこらした楽しいサイトがたくさんあります。GWに行ったときは桜がちょうど咲き始めで、たまたま異常に寒かったようですがなんと2℃。雪も舞っていました。さすが日本屈指の避暑地です。真夏の涼しさが期待できそうですよね。

住所:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-579

標高:1150m

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。もしこの記事を「いいな」と感じていただけましたら、下のボタンをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


ファミリーキャンプランキング

 - キャンプノウハウ